八幡製鐵所が作った「くろがね堅パン」を食べた感想

くろがね堅パン

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

八幡製鐵所といえば、製鐵ですが、鉄だけ作っていると思っていませんか?

今日はそんなあなたの常識をひっくり返す、小ネタの紹介です!

お話はとある日にイオンモールをブラブラするところから始まります・・・

ぶらぶら歩きながらふと、「ビスケット食べたいなー。」という思いに至りました。

普段全く食べないビスケットなんてどうして食べたくなるんでしょうね。

クンルンをやり始めてから、思いもよらないことを思いついたりします。余計な性欲も消えたし。僕の先生がグランウンディングできたら過剰な食欲もおさまると言っていたけれど、本当にそうなった。様々な変化が起こってます。

あっ、ごめんなさいね、この記事が私のブログとの最初の出会いになった方は「なんだこいつ。」と思われていることでしょう。

変なやつかどうか・・・最後までこの記事だけでも読んで判断してみてください!(ちょっと物知りになれますよ?)

ということで、本題に戻りますね。

そう。ビスケット。最初はマリーっていう赤いやつ買おうか悩みました。でもパッケージを見てたら買う気が失せてしまって、シュークリーム食べようかどうしようか・・・。

「ヤマザキ」だからやめておこう・・・。とか。

しばらくさまよって目に留まったのが奇抜なパッケージのくろがね堅パンでした。

くろがね堅パン

明らかに誠実なデザインですよね。

最近、巷で売られている商品はほとんどのものが大げさなパッケージだったり、必要以上に煽るパッケージのものがほとんどじゃないですか?なので逆にもの凄く目立ちます。

くろがねって?

くろがねって、おそらく「鉄」のことですね。なぜかって?

八幡製鐵所が作ったお菓子

なんとこのお菓子はあの八幡製鐵所が作ったお菓子なんです。

なんのために?

くろがね堅パン

パッケージの側面にちゃんと書いてあるんです。

大正末期に寛永八幡製鐵所が従業員のための食品として独特の原料と製法により開発したものです。

自然の風味と故郷の安らぎが感じられる堅パンをご賞味ください。

とあります。

僕、これを買う前にはちゃんと読んでいなかったですが、これを読んでいたら迷わず即買いしていました。

こんな説明書きあったら、食べたくなりません?

「うれりゃよかろ。」でほとんどのものが作られている現代に従業員のために作ったお菓子があるなんて風流じゃないですか。

お菓子を食べようとパッケージの原材料を見ると、いつもがっかりしてしまいますが、↓は信頼できそうですよね。

くろがね堅パン

加藤ではなく、加糖?砂糖を加える?は?

調べてみても「砂糖を加えた食品」などと出てきます。

いや、その前のところで砂糖って一回入れてるやん。

加糖してますって改めて正直に言ってるってこと?(笑)

この辺で深く追求するのはやめておきましょう。

くろがね堅パン食べた感想

くろがね=鉄

名前のとおりですね。本当に堅い。僕は、痛いとか、暑いとか、きついとかほとんど言わない人間ですけど、これは堅い!本当に堅い!

ここまで硬く作る理由はなんなのでしょう?(根性のある従業員を育てるため?)

あまりに堅いから水に突っ込んだ。

くろがね堅パン

するとどうでしょう〜♫。

堅いところと柔らかいところができていい感じになりました。そこまで硬くなくなった。

牛乳の方がうまそう・・・って思いました?

当たってますよ、その感覚。

それはあなたがおためしください!間違いなく普通以上に美味しいです!

まとめ

というわけで、あの八幡製鐵所が作ったお菓子をご紹介させていただきました。

八幡製鐵所に関することを学ぶことになるなんて・・・本当人生何があるかわかりませんね。

あの八幡製鐵所が鉄以外に作った名品を一度あなたも試してみてください。

追加の小ネタですが、「くろがね堅パン」はスピナという会社が作っているみたいです。

”製造者”=八幡製鐵所だったらそれこそびっくりですよね。

くろがね堅パン 10枚入
by カエレバ

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です