博多区のうどん平はうまいのか?

IMG_3877

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

仕事場が博多駅付近になりましたので、昼休みにうどん平に行ってみました。実は前職時代に一度来たことがあるのですが、何しろ時間が経っていますのでほとんど記憶がなかったので改めてお邪魔しました。

 

博多区ではかなり有名なうどん屋さんです。

メニューはどんなのがあるの?

IMG_3875

メニューはこんな感じになっていてかなりお安いです!

裏返しになっているメニューは売り切れのようです。エビが見当たりませんでしたので、私が行った頃にはすでに売り切れていたみたいです。12時少し過ぎだったと思います。

ちなみにうどん平で最も注文されているメニューは「えびごぼう」ではないかと思います。えびとごぼうのダブル乗せですね。

私は福岡のうどんの基本「ごぼう天うどん」「大盛り」にしました。

 

ごぼう天うどん

こんな感じです。これが博多うどんっていうのかはわかりませんが、「牧のうどん」とも「大地のうどん」とも「資さんうどん」とも違います。

麺の特徴

麺にコシはありません。博多うどんと呼ばれているうどんはコシがなかったんじゃないかと記憶しています。じゃあ柔らかいのかというとそんなこともありません。

太さは福岡のうどん屋さんの中では太い方だと思います。

出汁の特徴

出汁は、塩分が控えめと言いますか、若干薄すぎるのではないかと思いました。味があまりしないなって感じました。

色は博多のうどんらしく薄口醤油の薄めの色をしています。

具(ごぼう天)の特徴は

ごぼう天は正直特徴があまりないです。「大地のうどん」を食べ慣れていたりすると物足りないと思います。「牧のうどん」とも違いますが、「大地のうどん」「牧のうどん」「うどん平」のごぼう天を比べたら1番が「大地のうどん」2番が「牧のうどん」最後に「うどん平」となってしまいます。

でもお値段はごぼう天うどんの大盛りでも530円ですから、博多区にあるお店としてはかなり安いのでしゃないでしょうか?

うどん以外のお店の特徴

うどん平はキャナルシティの近くにあり、オフィス街が近いこともあって、お昼休みのお客さんで賑わっています。必ずと言っていいほど行列ができますので、行かれる方は昼休みの時間も考慮していかれることをお勧めします。

最後にこのお店のいちばんの特徴だと思うのですが、仕事がものすごく丁寧です。

ご主人はひたすらに麺を伸ばして切って湯がくというのを繰り返されています。

腰が曲がったおばあちゃんもまだご健在で、ゆでたての熱い麺を手で触って茹で加減を確かめてらっしゃいました。(とっても熱そうです!)

IMG_3876

まとめ

正直、週に一度は行きたくなるうどん屋かと言われれば、私にとってはそうではないかもしれません。

でもお店の雰囲気やうどんの素朴さはなんとも言えない惹きつける魅力を感じます。

博多区でお昼ご飯を食べる機会がある人には食べて欲しいうどんです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です