福岡のおすすめランチ|鯖塩焼き定食の真に行ってみた!

真

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

福岡市内でランチすることは滅多にないのですが、これからランチの記事を書いていくことになると思います。(福岡市内でしばらく仕事をすることになりました。)

今回は以前から気にはなっていた鯖の名店、福岡市天神にある鯖塩焼き定食をいただきました。

この日は仕事の研修を博多座のビルで受けていました。お昼になり時間つぶしにランチに出かけることにしました。Google mapで近くを検索してみると、以前から気にはなっていた「真」を発見!

博多座からは少し離れていましたがいうほど遠くはありません。徒歩で10分くらいでしょうか。

真が店を構えている通りにちょっとワクワクしました。

福岡市内のビルがたくさん並んでいる中にこんなところがあったんですね。

博多名物うまかもん通り

「博多うまかもん通り」って名前が付いているみたいです。

この看板の下を奥に進むと「真」はあります。

夜はお酒も飲める居酒屋のようなお店ですが、ランチタイムは「鯖塩焼き定食」900円のみの営業です。

鯖塩焼き定食

定食の内容はこんな感じです。

ご飯はお代わりできます。

鯖もそこそこですが、味噌汁が一番美味しかった!熱々で量が多くて。(この辺は個人差がありますので。)

肝心の鯖ですが、ちょっと塩が薄い感じがしましたね。(塩鯖じゃないから当然ですけどね。)

鯖の油でちょっと胃もたれしましたしね。

鯖塩焼き定食

褒めるとすると端っこに写っている湯のみと比べてもらったら少しは感じていただけるかもしれませんが、鯖が結構大きくて豪華に感じます。(それにしても、ご飯お代わりできるとしても900円はちょっと高いなぁ。)女性はご飯お代わりなんてしませんしね。

 

まとめ

今回の「真」すでに福岡では名物になっています。観光客の方もたくさん来られています。せっかくなので記事にしましたが、私としてはリピートはしません。それくらいの感じでした。

そう考えると、最近行きすぎじゃないの?ってくらい行っている二日市の焼き鳥店「大政」はすごいなぁってつくづく思います! (大政のファンですが、回し者じゃありませんよ。)
大政(二日市の焼き鳥店)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です