【必見】牧のうどんトリビアを一挙公開!!!

牧のうどん 大野城店

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

今回は牧のうどんが大好きな私だから書けるトリビアをご紹介します!(多い時は週に5杯くらい食べてました。)

この記事に書かれているトリビアを知って、牧のうどんを食べに行けば、より牧のうどんを楽しめるハズです!!!では早速いきますね!

スポンサーリンク

麺のトリビア

麺のトリビアは硬さ、太さ、量、そして・・・

麺の硬さ

麺の硬さですが、柔らかい方から「超やわ」→「やわ」→「中めん」→「かためん」→「超かた」となります。

「超かた」だけ文字が大きいのは私が最も大好きでお勧めしたいからです。

でも牧のうどんの麺の硬さは本当に好みが分かれるところですので、あなたにしっくりくるところを探ってくださいね。

ちなみですが、「超やわ」と「超かた」は通常の選択にはありませんので、他の硬さよりも時間がかかることもあります。(待つ価値はもちろんありますよ♪)

初めての方にお勧めの硬さなんてものはありません。直感でどうぞ!

(カチカチの博多ラーメンが好きな人は硬い方が好きなのかもしれませんね。)

ちなみにですが、「超かた」は麺の角が立ってます!

それから、よく「麺が増えていつ食べ終わるのかわからん。」みたいなことを言う方がいますが、それが嫌な方は固めの選択をされると良いと思います。

麺の太さ

麺の太さはただ細麺があるというだけです。

実は私は細麺を試したことがありません。

デフォルトの太さが大好きだからです!

豊前裏打会に代表される大地のうどんなどは牧のうどんとは比べ物にならないくらい麺は細いですが、大地うどんは大地のうどんの麺に良さがあります。牧のうどんは牧のうどんの麺に良さがあるいうことになります。

福岡県民でも「豊前裏打会」という言葉さえ知らない方がいるくらいの知名度しかない豊前裏打会ですが、時間や交通手段が許すならば、県外の方は豊前裏打会も是非おためしください!(間違いなく裏切りません。)(いや、むしろ九州以外の人は豊前裏打会の方がしっくりくるかも。天ぷらが絶妙な旨さです。)

大地のうどん
豊前裏打会

麺の量

麺の量は、料金は安くならない「少なめ」のオーダーも可能です。

また、たくさん食べたい人は普通「大盛り」を頼みますよね?

牧のうどんはちょっと普通じゃありません!!

牧のうどんにはなんと替え玉があります!(100円)

替え玉すると完全に1杯目と同じ量の麺を食べることになります。(具も追加でできます!ネギも入れ放題、スープも入れ放題!あれ?完全な別メニューを自分でこしらえることができますね。)

そばの替え玉は少し麺の量が減ります。

ラーメンと違って1杯目から2杯目の味の質ダウン↓がありません。

スープも必要なだけ用意してくださいます。(すごいサービスですね。)

替え玉を使えば、うどんも蕎麦も堪能することができます。1杯目うどん、2杯目そばも可能です。

大盛りなら70円増しで1.5倍くらい、うどんの替え玉なら100円増しで2倍のうどんが食べられます!

ちょっとここで裏技をご紹介します!

蕎麦とうどんを両方お得に味合う裏技

それは最初に蕎麦を注文し、替え玉でうどんを食べるという方法です。

なぜこれができるだけ安く食べる技なのかというと、蕎麦もうどんも最初の金額は変わらないのですが、替え玉になると、100円と150円で金額に開きがあるからなんです。

うどんの替え玉は100円、蕎麦の替え玉は150円です。

具も追加できますし、スープはお願いすればいくらでも持ってきてくれます!

地元の人でも知っている人は少ない裏技です!

スポンサーリンク

メニューのトリビア

次は変わったメニューをいってみようと思います。

ちらし寿司

これはメニューに普通に書いてありますが、福岡のうどんやさんでは一般的なかしわご飯だけではなく、「ちらし寿司」があるんですね。

私は結構好きで、時々食べます。

うどんにもよく合うし、「ちらし寿司の気分」な時がたまにあります。

初めてのお客さんや県外のお客さんにはやっぱりかしわご飯をオススメしちゃいますね・・・。

両方美味しいけど、やっぱりかしわご飯みたいな感じです!(特に説得できる強い根拠はないですが本当に気分です!)

ぞうすい

これは知る人ぞ知るなんですが、うどんの出汁でぞうすいを作ってくださいます。

これも時間が少々かかります。

私が食べた感想ですが、おそらくもう頼まない。

その理由ですが、うどんに合わない。

牧のうどんに行ってうどんを食べないことはありませんから、うどんとの相性が良くないと食べる気になりません。

両方汁物なので相性が良くないんですね。単品としては悪くありません。

ちなみにぞうすいのお値段は280円です。 かしわご飯やちらし寿司は190円です。

お店のスタッフトリビア

男性スタッフの帽子の線の意味とは?

各店舗のうどんの味を決めることにもなる店長さんですが、実は被ってらっしゃる帽子の線の本数で店長さんを見分けることができます。

1本線は店長資格をお持ちのかたです。(昇任には試験があるそうです)

男性のスタッフさんに帽子の線が入っている人がいない場合は、女性スタッフさんの中に店長さんがいる可能性もあります。

帽子の線の本数には2本線もあってお店の方に聞いたところ、「店長資格のさらに上のランクで牧のうどん全体に6人くらいしかいない。」だそうです。

牧のうどんの味はこの店長さんが握っていると言っても過言ではありませんので、できるだけいつもごった返す、大きな店舗に行くようにしてください。忙しいお店の店長さんは優秀なかたが多いです。

おばちゃんスタッフトリビア

これはトリビアというほどのものではありませんが、牧のうどんが優良企業であることの証明の一つになると思っていることがあります。

それはおばちゃんの定着率のすごさです。

私は牧のうどんに通うようになって15年以上経ちますが、福岡空港店に限った話だと15年以上働かれている方が数名いらっしゃいます。

牧のうどんの仕事は楽だとは言えない仕事内容であるのにもかかわらずすごいと思います。

パートのおばちゃんにも社会保険をしっかり完備していることなどが、高い定着率につながっているのだと思います。

つまりは働いてくれるスタッフを大切にする優良企業ということだと思います。

さらに話が脱線しますが、私が牧のうどんのことをすごい!と思うことの一つなんですが、「超アナログ」だということです。

調理の工程やオーダーのシステムなど超アナログなのに無駄がなく効率的なんですね。

牛丼のチェーンなどはオーダーひとつとってもシステム化しています。

全店舗にこのシステムを入れないとお店が成り立たないわけです。お店を増やすたびに設備投資の総額は膨らみます。

それに比べ牧のうどんはアナログでもたくさんのメニューをお客さんに提供し、お客さんにうどんを出すことにかかる時間も短いし、会計もスムーズです。

同じ仕事をこなせるのなら電子的なシステムをできる限り少なくした方が合理的で美しいな。と15年くらい前から感じていました。

今でもうどんを待っている間、麺を茹でている(職人・店長)さんの「麺さばき」には無駄がなく美しいなと見入ってしまいます(笑)(これぞまさに釜揚げ!)

その他のトリビア

最後はネギとやかんです。

既にお店に行ったことがある方はみなさんご存知なのですが、これから牧のうどんに行こうとされている方に向けて書かせていただきます。

まずネギはすり鉢に入っていて入れ放題です。

私は大体これくらい入れます。

「入れすぎでは?」と思われるかもしれませんが、大丈夫です。お店の方が嫌な顔をしたことなど一度たりとも見たことがありません。

最後にやかんですが、やかんには熱いスープが入っています。

何のために使うのか?お店に行ってうどんを食べてみればわかる人はわかると思います。

「スープないの?」と思われた方、そこが入れるタイミングです。

鴨うどんと釜揚げ以外のうどんにはうどんと一緒にあなたの前にやってきますのでご安心を。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

牧のうどん「通」しか知らないトリビアをご紹介させていただきました。

牧のうどんに初めて行かれる方も常連さんも僕の大好きな牧のうどんを同じように楽しめれば、この記事を書いた意味があるってもんです!

ご質問はいつでも大歓迎です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です