実践中に一つ越えれた氣がした【クンルンネイゴン】

クンルンネイゴン

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

倒れるようになってから、実践中の意識の置き所を変えて実践するようになって数日経ちました。

倒れる気配が無くなったことと、クンルン実践中に心地よいところとそうでないところを選択できるようになりましたのでそのことについて書いてみます。

倒れそうな気配がなくなった

これまで五行の実践中に何度も倒れましたし、意識を失いそうになったことはそれ以上にあります。

先生から実践のヒントをもらって実践するようになってから、湧いてくる心地よさを少し離れたところから見るようになりました。でも心地よさに浸かりきってしまおうと思えばいつでも浸れることもわかりました。

それで今日、7月21日に実践した時には倒れそうな気配が全くなくなりました。しかもクンルン以外のいろいろなことに集中できるようになりました。

クンルンの実践中にここち良いところとそうでないところを選べるようになった

これも今日実践して気づいたことですが、心地よいところとそうでないところを自由に行き来できるようになりました。

心地よいところにいすぎてはいけないような気がして、しばらくしたらそうでないところで過ごしてということを何度か繰り返してみました。

実はクンルン実践中、少し前まで「我慢できない強烈な眠気」みたいなものに支配されて時々意識がとんでいました。

五行同様、これも恐らく良くないのだろうなと思ったので、身を任せ過ぎることなく実践していました。

すると今日の朝は「抵抗できない居眠りが」無くなって心地よいところとそうでないところを自由に行き来できるようになっていました。

明日はもっと安定しているような気がします。

これからどんな扉が開いていくのか楽しみで仕方がありません。

これからも変化を書き留めていきたいと思っています。

それではまた。
クンルンネイゴン実践の記録【目次】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です