ファスティング2日目の体重の変化が意外に大きかった!!

苦行

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

6日間ファスティングをやる!っていう記事です。

他の日の記事も興味のある方はどうぞ↓

ファスティングにはどんな効果があるのか?

2016.05.25

24日の午後7時頃に最後の食事をしていますので、今日の朝7時で約36時間何も食べていないことになります。

率直に今の気分を言うと、何となくやる気が出ない。

でも「前の日に食べ過ぎ飲み過ぎした」あの感じとは比べ物にならないくらい楽。

「お腹すいたーなんか食べたい〜」と心が叫んでいるかといえば、逆に食べたら気持ち悪い感じがします。

体重がどうなったのか

体重計
IMG_3516

乗った瞬間自分でも「嘘やろ」って思いました。昨日のお昼過ぎ頃60.5キロあった体重が今58キロしかないやんか。

一気に2.5キロも痩せてしまいました。

ダイエット効果ですぎ!別に痩せたくてしたわけじゃないのに。

僕の場合そんなに痩せたくはないので、体重はそんなに減らなくていいんです!

実家にたまに帰ると必ず母親から「また痩せて」といつも言われますから。

空腹感、恐怖感は?

最初にもお話ししましたが、空腹感はほぼありません。

「お腹の中に何も入ってないなー。」って感じますが、精神的にものすごく安定しています。

以前も4日くらい食べなかったことはあるので、恐怖感も全くないです。

頭はふらふらしないか?

すでに体内の糖エネルギーは、ほぼ枯れてしまっていると思いますが「頭が回らない。」とかふらふら感は全くないです。

トイレは?

おしっこには朝から何度も行ってますが、「大」はまだきません。

このファスティングの目的の一つは余計なことをせずに宿便を出すってことなんですが、2日そこらでは宿便はまだ出ていません。

以下はWikiからの引用です。

宿便(しゅくべん、Fecal impaction)とは、便秘により内に長く滞留している糞便のことである。滞留便(たいりゅうべん)とも呼ばれる。必要な場合には治療として浣腸などが行われる。

健康・ダイエット関係でよく用いられる「宿便」は、一般的な定義とは異なり、数週間程度以上の長期にわたり腸壁にこびり付いている便のことを指し、断食腸内洗浄によってはじめて排泄されるとされる。この手の言説では、こうして腸壁清掃されるため断食に健康増進の効果があるとされるほか、断食しなくても宿便排泄に効果があるとされる健康食品の宣伝が行われることが多く、疑似科学の域を出ない。

今回のファスティングに期待しているのは日常生活じゃ出てくるはずのない宿便が出てきてくれることを期待しています。

出てきたら汚くない感じにお知らせさせていただきますね。

まとめ

ま、なんともないよと。

むしろスッキリしてます。体も、意識も。

体重の変化を僕も知りたいので、夜にその2を書きたいと思います。

ファスティング体験のまとめ【目次】

【追記】

その2を書く予定でしたが、夜になって体重を測ってみても特に変化がなかったので、記事を書くのをやめました。

明日の朝体重が減っているのか楽しみです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です