ファスティング3日目はとにかくだるかった!

苦行

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

おはようございます。

5月27日朝の7時で何も食べなくなってから60時間が過ぎました。

生きてはいますが、昨日の朝よりも体の奥底のやる気が出なくなっているように思います。

目が覚めても起き上がるのがおっくうでした。

で、立ち上がった瞬間にふらついて壁に激突しました。

普通じゃ味わうことのない、この強烈なだるさからいつか抜け出してくれると期待しています。

体重の変化はどうですか

IMG_3518

写真のとおり、体重は昨日の朝から変わらず下げ止まっています。

58キロくらいです。

体重計を出してそれに乗るのも面倒って感じました。

頭の具合は? 感情は?

なんとか考えてるというかずべてのことがめんどくさいって感じてしまいます。

まだ今日を入れて5日もあるやんかって思ってしまいます。

大丈夫かなほんと。

「食べないとまずいんじゃない?」と自分の意識が訴えているように感じますが、「お腹が空いた。」とはなんか微妙に違います。

「お腹が空いた」はやっぱり、いつも当たり前になっているパターンと違うことをしたときに感じてるものなんじゃないかって思います。例えば、いつも必ず朝ごはんを食べるのに食べなかったとかです。

昨日、福岡市内の懐かしい食べ物屋さんのことをふと思いついたとき、「食べたいなー。絶対うまい。」なんて思ったりしたんですが、今はなにか物を食べる想像しただけで気分が悪くなります。

排便は?

おしっこは何度も行っています。

今日の朝は少し濃い黄色だなって思いましたが、びっくりするくらい変化があったかというとそんなことはないです。

「大」はまだ出ていません。

まとめ

なんとか書き終えようとしていますが、これを書くのもちょっと大変というか面倒でした。

今日は夜の体重測定もするだけして記事にはしないと思います。

ちょっと話は変わりますが、日本にはその昔「沖正弘」さんというそれは立派なヨガの先生がおられました。

その先生の言葉を探してたらぴったりなページが見つかりましたので引用させていただきます。

沖正弘さんの言葉が書いてあります

「4割食べて神に近づく」

「本当の目的はこれなんです。」なんて言ったらバカにされそうですが、結構意識しています。

自分がどうして生まれたか氣になるんです。

この世の中に何をしに来たのか?

全くまとめになっていませんが、気分的には昨日よりもよくないけれど、まぁ大丈夫だろう。と。

こうやって書いている今も少しづつ気分がよくなっているのを感じてます。

まだ何日間かありますが最後までお付き合い頂けたら嬉しいです。

ご紹介している本は船瀬俊介さんが書かれた沖正弘さんの本で、当たり前と思っている常識を覆してくれる本です!

ファスティング体験のまとめ【目次】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です