ファスティングで得たもの!ダイエット効果が抜群だった!

苦行

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

いよいよ最終日になりました。

昨日までさらに延長しようと思っていましたが、やめることにしました。

今のところ劇的に何かが変わった感じはありませんが、塩を舐めるということを覚えたのは大きかったと思います。

朝起きた時いつもより苦しくなかったです。

最終的な体重ですが、
IMG_3522

このようになりました。55.6キロか55.7キロといったところでしょうか。

初日が60.5キロくらいでしたので、6日間で5キロくらい落ちたことになります。

6日間で5キロのダイエットってすごいんでしょうか?

他の人はもう少し落ちる速度が早いかもしれません。
特に根拠ないですが。

私の場合はあんまり嬉しくないですが、ダイエット効果はあったということでしょうか。

ファスティングには若返り効果がある

実はファスティングには若返り効果があります。

サーチュイン遺伝子というものがあり、通常これは眠っている遺伝子になります。

ファスティングをすることによって飢餓状態になると、このサーチュイン遺伝子が発動するそうです。

これは猿の実験でも明らかにされています。

ウィスコンシン大学が行った実験で好きなだけ食べさせた猿と意図的に満腹の6割しか与えなかった猿を比較した実験があります。

その結果、6割しか食べなかった猿は満腹の猿に比べて1.6倍も長生きしました。

私も後々その効果が実感できたらいいのですが・・・

補足説明

私はこの6日間のファスティングをするまで1日に1食しか食べていませんでした。

これは最初の日にも少しお話ししたことですが、できるだけ体の内部に負担をかけないようにしたら体は修復することにエネルギーを使うからなんです。

また、食べる時間を考えることによって効果は違ってきます。

早朝から午前中にかけて人の体は排出を心がけて活動しています。

その時にものを食べてしまうと、せっかく排出しようとしていたのにそれを止めて消化をしないといけなくなります。

ですから午前中は食べ物を食べないか、食べるとしても消化に負担がかからないものを食べた方がいいということになります。

最初のうちは力が出ないように感じる事もあるかもしれませんが、慣れてしまえばなんともなくなります。

私はよく山登りをしたり、ランニングをしたりするのですが、1日1食にしたら力が出ないどころか、持久力が増したように感じています。

本質的な体力をつける方法

つまり消化するエネルギーが走ったり歩いたりするエネルギーを奪っていたということになると思います。

それから1日1食をすると食事の時間が贅沢な時間になるという利点もあります。

夕方に1日1度の食事をすることで、最初のうちはものすごくお腹が減っていますから、当たり前に3食食べるよりも当然食事が美味しく感じるということです。

私の場合は、食事の時間が2倍くらい楽しみになりました!!

食べ過ぎが病気の元であることはすでに常識になりつつありますので、食べ過ぎて感覚が麻痺してしまうより一度の食事にありがたみを感じることができて、さらに健康にもいいのならやってみない手はないですね。

この辺でファスティング体験報告を終わりたいと思います。

今日は出汁に醤油を入れたものと少しおかゆでも食べてみようと思います。

最後まで読んでくださった方どうもありがとうございました。

ファスティングはまた近いうちにチャレンジしたいと思います。

追記

実はファスティングを終えて回復食らしきものを少し食べてから(昆布で出汁をとり醤油と塩で味付けしただけのものとかなり水っぽいおかゆ)前日にふと行きたくなっていた、タイ料理屋さんに行きました。

注文したヤムウンセンを一口食べた時、衝撃が走りました。

「うめー。」「断食に耐えてよかった。」ではないんです!

口の中が耐えられないくらいの激痛に襲われました。

何かが強烈に口の中を刺激している感じの痛みで本当に痛いのなんのって。

この理由を自分なりに予想してみたんですが、調味料じゃないかと思います!

私のお家にある調味料は基本的に厳選したものしかありません。

変な人だと思われるのを恐れずにお話ししますが、塩、醤油、油、味噌などMSGが入っていないものでかつGMOも入っていないものを選んでます。

MSGとは Monosodium Glutamateの略で(確か)お菓子の裏などにはアミノ酸と表示してありますし、うま味調味料と呼ばれることもあります。

私が本当に本当に言いたいことは、何でMSGがアミノ酸という表示にも少し悪意を感じますよね。
イメージを美化しているというか・・・

GMOは Genetically Modified Organismの略で簡単に言うと遺伝子組み換えです。

ともに私としては怖いものなので避けたいです。

ちなみに日本に流通する大豆の90パーセント以上は遺伝子組み換えだと認識しています。

農家の方が種を大事に守って毎年作っている大豆は国内産のものでGMOではありません。

なので国内産の大豆を本当にちゃんと使っている豆腐は値段が高いはずです。

小さな商店などで買われる時には勇気を出して聞いてみてもいいと思います。

納豆などに「国産大豆100パーセント使用」と書かれていますね。

安いものに書かれていればそれは基本的には嘘です。

少なくとも100パーセントと書いていない場合、国産の大豆を50パーセント使用すれば国産と表記することができます。

問題は100パーセントと書かれている商品ですが、安価で大量生産品ならほぼありえないと思ってください。

食べるとどうなるか・・・これは長くなるので質問があった場合は記事にするか直接返信させていただきます。

話しが横道にそれましたが、私の家の調味料はそういう嫌なものが入っていないものでこしらえたので汁とご飯を食べた時にはなんともありませんでした。

それが外食した途端、これですから好ましくないものが入っていたんだと思います。

それと、その他にもタイ料理屋さんでいろいろ食べましたがあまり感動がありませんでした。

6日(約140時間)ぶりに食べた食事にしては回復食もタイ料理もさほど感動しませんでした。

昔の記憶になりますが自衛官時代、100キロとか歩いた後に屋根のあるところで温かいものを食べたあの時の方がよっぽど大きな感動だったと記憶しています!

綺麗なお姉さんが心を込めて作ったとかそんなのでもなければ、有名なシェフが作ったものでもなく、同僚の野郎どもが当たり前のレシピで豪快に作っただけなんですけどね。

そりゃあうまかったです!それから風呂とベッドね、100キロ歩いた後は普通なら当たり前のそんなものが天国に感じてました。

話を戻しますね。

食べたい食べたいと思って食べたものがあまり感動しなかったということは深い意識(私は自覚していないところ)は食べることをそんなに求めていないのかな?と思ったんです。

喉元過ぎれば熱さ忘れるで、すでに辛かった6日間は記憶から消えつつあるので「今日からでももう一度やってやろうかと」という勢いはありますが、もう少し様子を見ます。

しばらくは道教(クンルン)の練習に重きを置きたいと思います。

道教の修行については「生まれた時の自分に戻って物事を考えてみる」を目標にやってますが、また機会があったら書かせていただきます。

最後にもう一つだけ、回復食を食べてしばらくしたらお腹がぐるぐるなってきました。

直後に便意を催したんです!食べた直後です。(食べたものがそんなに早く出るはずない。)

そしたら6日ぶりの「大」が出ました。

これは間違いなく宿便だと思います。

何も食べていない6日間に内臓の中はもう空っぽだと思っていたので「お前いたのかよ。」という感じでした。

この宿便が体にいろいろと悪さをすると言われていますので、ちょっと嬉しかった。

ということで、最後までお付合いいただきありがとうございました。

瀬戸内の花藻塩 500g
by カエレバ

ヒゲタ 本膳 720mL
by カエレバ

湯浅醤油 こいくち 900ml
by カエレバ

ファスティング体験のまとめ【目次】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です