ストラップサンダル【Chaco】を履いてみた感想

Chaco Z1 CLASSIC

この記事を書いている人

プロフィール

 

 

 

 

警察官をしているときに「こんなことやってる場合ではないっ!」と思い立ち警察官を辞めて、しばらく情報発信の世界で生きていくことにしました。近場の目標は家賃27000円のアパート生活を終えて、言葉を学びに外国に行きます!

・facebook ・Twitter

 

暑くなってきたので靴を履くたびに靴下を履くのがうっとうしくて、その履いた靴下を手洗いするのもさらにうっとうしくなってきた今日この頃(笑)

そんなとある日、愛用していた安物のビーチサンダルの鼻緒が雨の日の二日市の街を歩いている時に突然底から抜けてしまい、そのサンダルを捨ててサンダルがなくなってしまったので、我慢して靴を履いていました。

何かいいサンダルはないかなー。と探していたところたどり着いたサンダルがChaco Z1 CLASSICというサンダルでした。

買ってみて初めてわかった、正しい履き方と履いてみた感想を書いてみたいと思います。

Chaco Z1 CLASSICってどんな感じなの?

こんな感じの箱に入って送られてきました。

Chaco Z1 CLASSIC箱

GREGORY(ザックが有名です。)などを取り扱っているエイアンドエフが輸入しているみたいですね。

Chaco Z1 CLASSIC箱

今回僕が購入したのは26センチの真っ黒です!

Chaco Z1 CKASSICは黒だけが人気が高く、手に入りにくいし、他の色よりも金額が高いことが多いです。(他の色は割引されていたりします)

実は私もこの黒色、26センチを色々探してやっと手に入れることができたんですね。

というのも思いついて探し始めたのが8月の頭頃だったので、シーズンに入ってすぐに買えば普通に買えただろうし、もう少し安かったと思います。

私は今回楽天のポイントも使って買いましたので、約5000円で手に入れました。(2016年の夏は店頭で9600円で売られていました。)

サイズは、日本の一般的なサイズの靴と同じような感じで選んでいいと思います。

私は日本のサイズだと26.5センチの靴などを履くことが多くて、アメリカ製の靴などは27センチ(サイズ9)を履くことが多いです。

サイズを選びはどこかで試し履きをされることをお勧めします。

Chaco Z1 CLASSICの正しい履き方

Chaco Z1 CLASSIC履き方

履き方を説明するためにイオンモール筑紫野のTSUTAYAのcafeでたった今撮影した写真を掲載します!(笑)

↑写真でいうと下の方向にかかとをしっかりと寄せて履きます。

次に足の甲の部分のストラップを好みの締め付け具合になるように引きます。

↓こんな感じです。
Chaco Z1 CLASSICの履き方

Chaco Z1 CLASSICの最大の特徴と言ってもいいのですが、ストラップが一本で繋がっています。

どういうことかというと、ソール(靴底)の中で1本に繋がっているということです。

まず、かかと側に足を寄せて、その位置に合わせて足の甲のゆるんでいるストラップを引いて寄せて締めていくということですね。

そして最後にバックル部分のストラップを引いて出来上がりです。

こんな感じですね↓

Chaco Z1 CLASSIC履き方

履いて歩いてみた感想

ソールがそこそこ厚いこともあり、安定感やショック吸収性はかなり高いです。

海外旅行で1日歩いてもおそらく大丈夫でしょう。突然の雨でも気にすることはありません。(汚れたら後で洗えばいいのですから。)

走っても何も問題ないくらい履き心地は安定しています。

ストラップは引けば引くだけ足を締め付けることができますので、締めすぎには注意してください。(血行が悪くなります)

見た目ですが、巷ではソールが薄っぺらいシンプルな見た目のものが流行っているみたいですね。

その点で言えば流行りには当てはまりません。が、歩きやすさを最大限考えつつ、デザインもシンプルなバランスの良いモデルだと思います。

Chaco Z1 CLASSICにたどり着いた時にお店のスタッフさんに聞いたびっくりな話

僕がこのサンダルを買う決め手になったお話をご紹介したいと思います。

このサンダルはなんとサンダルなのにソールの張り替えができるんです!

↓の写真を見ていただくとソールの部分にうすーく線が入っているのが見えると思います。

ここでソールが2つに分かれて張り替えが可能になります。

Chaco Z1 CLASSIC張り替え可能なソール

お店の方いわく、「ソールを張り替えて10年くらい使っているお客さんもいます。」

と、福岡の天神にあるエイアンドエフのお店の方がおっしゃっていました。

デザイン云々もそこそこ大事だけど、僕の場合、「ソールの張り替えができる!」これがChaco Z1 CLASSICを選ぶ決め手になりました。

「もの」はできるだけ壊れなくて長く使えて愛情をかけられる方がいい。

これが一番大切なもの選びのポイントだと思っています。

旅行に使うサンダルなどを選ぶときの参考にしていただけたら嬉しいです。

今回は機能面ばかりを紹介させていただきましたが、流行り廃りの面から言っても断然流行っている商品です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でざっくばらん@ふくおかをフォローしよう!

この記事を気に入ってくださったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です